コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近木荘 こぎのしょう

百科事典マイペディアの解説

近木荘【こぎのしょう】

和泉国日根郡近義(こぎ)郷(近木郷)に成立した高野(こうや)山金剛峯(こんごうぶ)寺鎮守丹生(にう)明神社(丹生都比売神社)領の荘園。現大阪府貝塚市の近木川下流域を占める。
→関連項目網曳御厨

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こぎのしょう【近木荘】

和泉国日根郡内にあった荘園。国衙領近木郷の四つの番(上番,中番,神前番,馬郡番)は1274年(文永11)それぞれが下地中分され国衙方と地頭方となっていたが,蒙古襲来の戦勝祈願のために高野山金剛峯寺の地主神とされていた丹生神社に四番の国衙方と中番地頭方を除いた地頭方とが寄進された。92年(正応5)には中番地頭方も丹生神社に寄進された。当時現作田は213町余あったが,同荘の内外に居住していた召次給田や雑免田のほかに内膳司領であった網曳御厨の寄人の給田,奈良春日神社雑免,宮中の大歌所十生雑免などのほかに刀禰・番頭の給分,院や近衛家の御櫛造に当たっていた手工業者の給田・雑免田などがあって,一円領ではなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の近木荘の言及

【和泉国】より

…両守護の下に守護代,小守護代,郡代が置かれ,両家とも守護職を世襲して戦国時代に及んだ。 南北朝内乱の過程で,荘園制の解体と変質が進んだが,高野山領近木(こぎ)荘(現,貝塚市),摂関家領大鳥荘(現,堺市)などでは,多数の小農民が年貢直納者として荘園領主に把握されており,荘園制は室町期にも崩壊には至っていない。一方,台頭してきた小農民層は団結して年貢減免闘争(荘家(しようけ)の一揆)を起こし,一部の有力農民は商業活動にも手をひろげ,高利貸活動で土地を集積し,地主化する者もあらわれるようになった。…

※「近木荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近木荘の関連キーワード荘園(日本)国衙・国府寄人・神人良海(2)春日大社名・名田熊野詣根来寺粉河寺供御人乙姫検注院宣名主領家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android