寄書(読み)キショ

デジタル大辞泉の解説

き‐しょ【寄書】

[名](スル)
手紙を書き送ること。また、その手紙。
新聞・雑誌などに文章を寄せること。また、その文章。寄稿。投稿。
「弾劾状を新聞に―してやる」〈魯庵社会百面相

よせ‐がき【寄(せ)書(き)】

[名](スル)多くの人が1枚の紙に文章や絵などを書くこと。また、その書いたもの。「卒業記念の寄せ書き」「見舞いのカードに寄せ書きする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしょ【寄書】

スル
手紙を送ること。また、その手紙。
新聞・雑誌などに文章を寄せること。また、その文章。投書。寄稿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐しょ【寄書】

〘名〙
手紙を書き送ること。また、その手紙。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一〇「漸く一信を得たり〈〉アリス人の寄書(キショ)を得るは之を以て始めとす」
文章新聞雑誌などに寄せること。また、その文章。寄稿投書
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉学生「我々級(クラス)の名を以て学校の弾劾状を新聞に寄書(キショ)してやる」
③ よせがき。

よせ‐がき【寄書】

〘名〙 一枚の紙、また、冊子などに多くの人が和歌や短文などを書くこと。また、その書いたもの。
※御湯殿上日記‐文明九年(1477)一二月一四日「むろまちとのの御はうらくのよせかきまいらるる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄書の関連情報