コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄生根 きせいこんparasitic root

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄生根
きせいこん
parasitic root

寄生植物が宿主から栄養を得るために生じる吸根ともいう。宿主植物の組織内に侵入するのみでなく,通道組織がつながり合って,能率よい吸収ができるようになっている。ハマウツボ,ヤドリギネナシカズラマメダオシなど,各科の寄生植物にわたってその例がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きせい‐こん【寄生根】

寄生植物が他の植物の体内に侵入して養分を吸収するために形成する根。吸根。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きせいこん【寄生根】

寄生植物が宿主の組織内に入り込んで養分を吸収するために形成する特殊な根。マメダオシ・ヤドリギの根など。吸根。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寄生根
きせいこん

寄生植物の根で、宿主(しゅくしゅ)となる他の植物の組織の中へ侵入して吸器となり、水や養分を吸収できるように特別に変形した根をいう。寄生植物は双子葉類にみられ、宿主は被子植物であるが、それぞれ特定の植物群に寄生する場合が多い。寄生根は通常の根が保護組織としてもつ根冠(こんかん)を備えず、宿主の維管束に接するまで侵入する。寄生根の維管束の木部(もくぶ)や篩部(しぶ)はそれぞれ宿主の木部や篩部と連絡する。寄生植物には葉緑素を欠く全寄生と、葉緑素をもつ半寄生とがあり、寄生根を地上につくるものと地下につくるものがある。ヤドリギは半寄生で、樹上で発芽して寄生し、ネナシカズラやスナヅルは全寄生で、他の植物に絡んだ茎からの不定根が寄生根となる。ナンバンギセル、ハマウツボ、オニクは全寄生で、地下に寄生根がある。[西野栄正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

寄生根の関連キーワードラフレシア根(植物)根無葛篩部寄生

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android