富国生命保険(読み)ふこくせいめいほけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富国生命保険
ふこくせいめいほけん

生命保険会社。 1923年 11月に富国徴兵保険相互会社として設立。 45年9月より社名を富国生命保険相互会社と変更。第2次世界大戦後の高インフレによる経済環境悪化のなかにおいて,経営の健全性を重視した「純保険料式」責任準備金積立方式を業界他社にさきがけて実施し,保険金等の支払能力を高水準で支えてきた。 87年日本初の「通院給付特約」,92年4月には,これまた日本初の「高度先進医療特約」を開発。 99年安田生命保険との包括業務提携を発表した。総資産4兆 4686億 7100万円,資産構成は貸付 32%,有価証券 45%,不動産3%,その他 20%。年間保険料等収入 7283億 6300万円,従業員数内勤 2995名,外勤1万 991名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

富国生命保険

正式社名「富国生命保険相互会社」。略称「フコク生命」。英文社名「FUKOKU MUTUAL LIFE INSURANCE COMPANY」。保険業。大正12年(1923)「富国徴兵保険相互会社」設立。昭和20年(1945)現在の社名に変更。本社は東京都千代田区内幸町。生命保険業。徴兵保険会社として根津嘉一郎が創業。共栄火災と提携。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富国生命保険の関連情報