コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安田生命保険(読み)やすだせいめいほけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安田生命保険
やすだせいめいほけん

生命保険会社。 1880年共済五百名社として創業。 1894年共済生命保険合資会社がその事業を継承,1900年株式会社に改組,1929年安田生命保険株式会社と改称。 1947年金融機関再建整備法に基づき安田生命保険相互会社として発足,同年光生命と改称,1952年安田生命保険に社名変更。 1969年大型保障保険を業界にさきがけて発売するなど,独創的な新商品を以後も発売して成長した。 1999年富国生命保険との包括業務提携を発表。 2004年1月,明治生命保険と合併して商号を明治安田生命保険に変更。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安田生命保険
やすだせいめいほけん

大手生命保険会社の旧名称。1880年(明治13)安田善次郎(ぜんじろう)を中心とした相互共済組織「共済五百名社」が発祥。1894年共済生命保険合資会社を設立してこれを引き継ぎ、近代的生命保険会社となる。1900年(明治33)には株式会社に改組、29年(昭和4)安田生命保険と改称、堅実な経営で業績をあげた。第二次世界大戦後の財閥解体で安田財閥から離れ、1947年(昭和22)相互会社となり一時期、光生命保険と称したが、52年(昭和27)旧称に復帰。1951年以来長期経営計画により経営革新に努め、60年代以降急成長して大手にランク。団体保険に強みをもつ。1995年(平成7)保険業法の全面改正により生命・損害保険の子会社による相互参入が可能となり、96年子会社の安田ライフ損害保険(現明治安田損害保険)を設立した。2004年1月、明治生命保険と合併、明治安田生命保険相互会社となった。2002年度の収入保険料1兆2962億円、総資産9兆4840億円。1965年設立の財団法人安田生命社会事業団は2004年に明治安田こころの健康財団と名称変更。子供の精神保健や高齢者問題に関する諸事業を助成する。[森 真澄]
『安田生命保険相互会社編・刊『安田生命百年史』(1980) ▽安田生命保険相互会社編・刊『安田生命123年史』(2003)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安田生命保険の関連情報