コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富本豊前太夫(4代) とみもと ぶぜんだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富本豊前太夫(4代) とみもと-ぶぜんだゆう

1830-1889 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文政13年6月16日生まれ。富本節の3代富本豊前太夫の長男。初名は豊紫(とよし)太夫。嘉永(かえい)5年4代を襲名,豊洲(ほうしゅう)をへて明治13年受領して4代富本豊前掾(ぶぜんのじょう)。実子の5代が早世したため6代として復帰。中興の祖といわれた。明治22年9月7日死去。60歳。家元は一時たえた。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

富本豊前太夫(4代)

没年:明治22.9.7(1889)
生年:天保1.6.16(1830.8.4)
江戸後期・明治初期の富本節の太夫。3代目豊前太夫の長男で名は保太郎。初名豊紫太夫。嘉永5(1852)年1月,4代目を襲名,明治3(1870)年に豊洲,13年に豊前掾。すでに清元節に敗北したかたちの富本節であったが,このころ山田流箏曲に採り入れられた。4代目の実子,5代目豊前太夫が早世したため,6代目として4代目が復帰した。

(根岸正海)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

富本豊前太夫(4代)の関連キーワード常磐津小文字太夫(初代)富本 豊前太夫(4代目)富本 豊前太夫(5代目)名見崎 徳治(7代目)富本豊前太夫(7代)清元延寿太夫(1世)富本豊前太夫(2代)富本豊前太夫(6代)富本斎宮太夫(初代)清元延寿太夫(初代)富本豊前太夫(3代)富本豊前太夫(5代)鳥羽屋里長(5世)富本豊前掾(4代)名見崎徳治(3代)名見崎徳治(初代)富本豊前掾(2代)富本豊前掾(初代)富本豊前掾(3代)富本豊前(初代)

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android