コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富本豊前太夫(4代) とみもと ぶぜんだゆう

2件 の用語解説(富本豊前太夫(4代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富本豊前太夫(4代) とみもと-ぶぜんだゆう

1830-1889 幕末-明治時代の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
文政13年6月16日生まれ。富本節の3代富本豊前太夫の長男。初名は豊紫(とよし)太夫。嘉永(かえい)5年4代を襲名,豊洲(ほうしゅう)をへて明治13年受領して4代富本豊前掾(ぶぜんのじょう)。実子の5代が早世したため6代として復帰。中興の祖といわれた。明治22年9月7日死去。60歳。家元は一時たえた。江戸出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

富本豊前太夫(4代)

没年:明治22.9.7(1889)
生年:天保1.6.16(1830.8.4)
江戸後期・明治初期の富本節の太夫。3代目豊前太夫の長男で名は保太郎。初名豊紫太夫。嘉永5(1852)年1月,4代目を襲名,明治3(1870)年に豊洲,13年に豊前掾。すでに清元節に敗北したかたちの富本節であったが,このころ山田流箏曲に採り入れられた。4代目の実子,5代目豊前太夫が早世したため,6代目として4代目が復帰した。

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

富本豊前太夫(4代)の関連キーワード宇治紫文(2代)高橋桜州鶴賀若狭太夫(2代)鶴沢清六(2代)豊沢大助(2代)豊竹若太夫(7代)野沢吉兵衛(4代)都一広(初代)都一静都太夫一中(8代)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone