富田常次郎(読み)とみた つねじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田常次郎 とみた-つねじろう

1865-1937 明治-昭和時代前期の柔道家。
慶応元年生まれ。富田常雄(つねお)の父。嘉納治五郎書生をつとめ,明治15年講道館がひらかれると最初の門弟となる。20年静岡県韮山(にらやま)の伊豆(いず)学校の教師となり,講道館韮山分場を創設。のち学習院でも柔道をおしえる。37年渡米し,各地で柔道の宣伝普及につくした。昭和12年1月13日死去。73歳。伊豆君沢郡(静岡県)出身。旧姓は山田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の富田常次郎の言及

【柔道】より

…また,抑込み時間は25秒をもって〈一本〉とし,20秒以上で〈技あり〉,15秒以上で〈有効〉,10秒以上で〈効果〉としている。
[段級]
 柔道の段級制度は,1883年にはじめられ,富田常次郎と西郷四郎の2人が最初の初段に昇段した。現在,段は初段から十段までの段と,段の下に五級から一級までの級がある。…

【姿三四郎】より

…講道館の門人第1号で柔道家として著名な富田常次郎(1865‐1937)の子で作家の富田常雄(1904‐67)が,1942年に発表した小説。これが彼の出世作となった。…

※「富田常次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android