富田常雄(読み)とみたつねお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富田常雄
とみたつねお

[生]1904.1.1. 東京
[没]1967.10.16. 東京
小説家。講道館の著名な柔道家富田常次郎の子として生れた。明治大学商学部卒業。初め演劇運動に参加したが,柔道小説『姿三四郎』 (1942) の成功で大衆文学に転じた。 1949年『刺青』 (47) ,『』 (48) で直木賞受賞。ほかに『弁慶』 (51~55) ,『ひょっとこ』 (60) ,『柔 (やわら) 』 (64~65) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田常雄 とみた-つねお

1904-1967 昭和時代の小説家。
明治37年1月1日生まれ。講道館四天王のひとり富田常次郎の子。昭和3年河原崎長十郎らの劇団心座文芸部にはいる。17年「姿三四郎」で流行作家となる。24年「刺青」「面」で直木賞。「弁慶」「熊谷次郎」などの時代物から「浮雲日記」などの現代物まで手がけた。昭和42年10月16日死去。63歳。東京出身。明大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富田常雄
とみたつねお
(1904―1967)

小説家。東京生まれ。父常次郎は著名な柔道家。小・中学時代から戯曲、小説を書き、1927年(昭和2)明治大学商学部卒業後、舟橋(ふなはし)聖一や村山知義(ともよし)らの劇団「心座(こころざ)」の一員となり、新劇運動に参加した。42年、父の友人である武道の天才児をモデルにした人間形成小説『姿三四郎』を発表、『面』(1948)、『刺青(しせい)』(1947)の両作品で49年に直木賞を受賞した。51年(昭和26)から55年にかけて痛快時代小説『弁慶』を『東京新聞』に連載し、人気を得た。『雪もち笹(ざさ)』(1950)、『ひょっとこ』(1960)などの作品は、作者の小説巧者としての筆の冴(さ)えを示す珠玉編である。[磯貝勝太郎]
『『富田常雄選集』全15巻(1958~59・東京文芸社) ▽『姿三四郎』上下(1977・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の富田常雄の言及

【姿三四郎】より

…講道館の門人第1号で柔道家として著名な富田常次郎(1865‐1937)の子で作家の富田常雄(1904‐67)が,1942年に発表した小説。これが彼の出世作となった。…

※「富田常雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android