コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田高慶 とみた たかよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田高慶 とみた-たかよし

1814-1890 江戸後期-明治時代の武士,農政家。
文化11年6月1日生まれ。陸奥(むつ)中村藩(福島県)藩士。江戸で屋代弘賢(ひろかた)に入門,のち二宮尊徳の高弟となる。弘化(こうか)2年帰郷,尊徳の代理として藩財政の再建と農村復興につくす。維新後,士族授産につとめ,明治10年興復社を設立した。明治23年1月5日死去。77歳。本姓は斎藤。字(あざな)は弘道。通称は久助。号は任斎。著作に「報徳記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

富田高慶

没年:明治23.1.5(1890)
生年:文化11.6.1(1814.7.17)
幕末・明治前期の報徳運動家。磐城国(福島県)相馬藩士斎藤嘉隆の次男。二宮尊徳の娘文子と結婚。通称久助,字は弘道,任斎と号した。天保1(1830)年江戸に出て国学者屋代弘賢,儒者古賀精里に学ぶが,10年尊徳を下野国桜町陣屋(栃木県芳賀郡二宮町)に訪ねて門人となり,桜町,下館の仕法を助けた。弘化2(1845)年相馬へ帰り,窮乏した藩財政の立て直しと農村復興のため,報徳仕法を施行して成功させた。のち家老として藩政の中枢に参与したが,維新後は相馬藩士の帰農をはかり,明治4(1871)年磐前県に出仕,管内の開拓をすすめた。10年尊徳の孫尊親らと興復社を結社して社長となり報徳運動を指導した。尊徳の事業と言行を集成した『報徳記』(復刻,1949。岩波文庫)は,のち宮内省,農商務省,大日本農会から,それぞれ刊行され,報徳思想の普及に大きな影響を与えた。<参考文献>大槻吉直『富田高慶翁伝』,佐藤高俊編『富田高慶日記』,『相馬市史』3巻

(海野福寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

富田高慶の関連キーワード富田高慶(とみたこうけい)二宮 尊親斎藤高行二宮尊親古橋暉皃相馬充胤富田久助

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android