コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒人 かんじんhan-ren; han-jên

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寒人
かんじん
han-ren; han-jên

中国,南朝 (→南北朝) の官界で活躍した門地の低い層出身の官僚。その属する一族を寒門と呼ぶ。六朝時代に身分制が固定化するに従い,家格の高い貴族に有能な官吏が少くなったので,南朝の天子は貴族以外の有能な人物を登用し,寒人が重視された。彼らは高い官職を与えられないにもかかわらず,天子の権力を背景にもって,高位にある貴族や皇族の行動を掣肘した。それだけにその活躍は正常な官僚機構の運営をむしろ破壊するものであった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の寒人の言及

【魏晋南北朝時代】より

…蕭道成と蕭衍はいずれも彼らの不満をよりどころとして兵を挙げた。 南朝に入って,寒門豪族とともに台頭してきたのが寒人勢力である。本来庶民出身の彼らは,皇帝の側近として護衛・使役に任じ,皇帝の寵幸を得て昇進し権勢を振るった。…

※「寒人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寒人の関連キーワード宋(中国、南朝(420~479))武帝(中国、南斉)南斉

寒人の関連情報