コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝す ナス

デジタル大辞泉の解説

な・す【寝す】

[動サ四]《動詞「ぬ(寝)」に上代の尊敬の助動詞「す」が付いて音変化したもの》「寝る」の尊敬語。寝ていらっしゃる。
「沖つ波来寄する荒磯(ありそ)をしきたへの枕とまきて―・せる君かも」〈・二二二〉

な・す【寝す】

[動サ四]《動詞「ぬ(寝)」に使役の意が加わった語形》寝させる。寝かす。
「まなかひにもとなかかりて安眠(やすい)し―・さぬ」〈・八〇二〉

ね・す【寝す】

[動サ下二]ねせる」の文語形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なす【寝す】

( 動四 )
〔動詞「ぬ(寝)」に使役の助動詞「す」の付いたものから〕
寝させる。眠らせる。 「まなかひにもとなかかりて安眠やすいし-・さぬ/万葉集 802

なす【寝す】

( 動四 )
〔動詞「ぬ(寝)」に尊敬の助動詞「す」の付いたものから〕
おやすみになる。 「をとめの-・すや板戸を押そぶらひ/古事記

ねす【寝す】

( 動下二 )
ねせる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

寝すの関連キーワード纏き寝・枕き寝・纒き寝術後逆流性食道炎子持ち筵・子持筵南柯太守伝枕席に侍る帯紐を解く添い臥し枕を結ぶ転び合ふ鴛鴦の衾他し手枕比目の枕床に就く殿御初め添ひ臥す二つ枕助動詞草結ぶ新手枕きの字

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android