コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寝る/寐る ネル

デジタル大辞泉の解説

ねる【寝る/×寐る】

[動ナ下一][文]ぬ[ナ下二]
眠りにつく。寝床に入る。睡眠をとる。眠る。「ぐっすりた」「ねる間も惜しんで働く」
病気で床につく。寝込む。「風邪で二、三日ていた」
からだを横たえる。また、そのような状態で休む。「ながら本を読む」「大の字にねる
本来立っているもの、縦のものが横になる。「髪の毛がねる」「活字がている」
共寝をする。同衾(どうきん)する。「女とねる
商品が売れずに残っている。また、資金が動かない状態にある。「暖冬で冬物がている」
味噌や酒などが仕込まれた状態である。また、麹(こうじ)が熟成する。
「醤油(しょうゆ)させてしばし月見る/猿雖」〈猿蓑
眠る[用法]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねる【寝る】

( 動下一 ) [文] ナ下二 ぬ
眠る 」に同じ。 「ゆうべはよくた」 「人のぬる味寝うまいずて/万葉集 3274
寝床に入る。床とこにつく。就寝する。
睡眠や休養のために寝床に入る。 「もうねる時間ですよ」 「 ねる前に歯を磨く」
病気で一日中寝床にいる。寝こむ。病床にある。 「風邪でている」 「まだたり起きたりの状態です」
異性と同衾どうきんする。共寝する。 「女と初めてた」
横たわる。
人が横たわる。 「 て本を読む」
本来立っている物が横になる。 「台風で稲がてしまった」 「活字がている」
資金や商品が活用されない状態にある。 「 ている資金を投資に回す」 「 ていた商品を安く売る」
味噌みそ・醬油しようゆ・酒などがよく仕込まれた状態である。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

寝る/寐るの関連キーワード寝巻・寝間着・寝衣ナイトキャップナイトウエア寝る子は育つ枕を高くする又寝・復寝枕を交わす横になる床に就く岩が根枕夜の物寝道具独り寝臥し所寝茣蓙寝白粉寝支度寝部屋侘び寝寝化粧

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android