秋晴(れ)(読み)アキバレ

デジタル大辞泉の解説

あき‐ばれ【秋晴(れ)】

秋の、よく澄んでれ渡っている空のようす。の快晴。 秋》「―や宇治の大橋横たはり/風生

しゅう‐せい〔シウ‐〕【秋晴】

あきばれ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あき‐ばれ【秋晴】

〘名〙 秋の空が青々と澄んで晴れわたっていること。秋の快晴。あきびより。《季・秋》
※永日小品(1909)〈夏目漱石〉声「机に頬杖を突いて、〈略〉秋晴を眺めてゐた」

しゅう‐せい シウ‥【秋晴】

〘名〙 秋の晴れた天気。秋晴れ
※菅家文草(900頃)一・九月侍宴、同賦喜晴「重陽資、四望喜秋晴」 〔鄭谷‐悶題詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android