寺観(読み)ジカン

大辞林 第三版の解説

じかん【寺観】

〔「観」は道士の道場〕
寺と道観。寺院。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐かん ‥クヮン【寺観】

〘名〙
① (「」は道士の住む建物の意) 僧の住する寺と、道士の住する観。仏寺と道観
※俳諧・本朝文選(1706)三・譜類・山水譜〈許六〉「山谷樹深き所には、寺観楼閣の屋ねを重ね」 〔韓愈‐論仏骨表〕
② 寺院。てら。また、その建造物。
※サントスの御作業(1591)二「キョウヲ サマシテ イル トコロニ jiquã(ジクヮン) バウウモ クヅレタヲレテ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android