対幅(読み)ツイフク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

対幅
ついふく

東洋美術において、一対になっている書画の掛軸(かけじく)(掛幅)のこと。書では左右幅が対句をなし、絵では画題が関連し、その構図も一対で掛けたときのことを考慮して案配されている。また落款(らっかん)を入れる位置も、右幅は画面向かって右端、左幅は左端と、ほぼ決まっている。表装に使う裂(きれ)も同じである。画題により三幅対、四幅対などがあるが、仏画では十六幅対や三十幅対、ときに五十幅対に及ぶものさえある。三幅対に限り、中央の一幅が左右幅に比べて大きくなったり、裂も左右より高価なものを用いる場合がある。[榊原 悟]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

つい‐ふく【対幅】

〘名〙 一対になっている書画のかけじく。双幅。対軸。
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉五月暦「日吉大権現とか八幡大菩薩とか書いた、対幅(ツヰフク)を掛け」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の対幅の言及

【掛物】より

…掛物の内容は書画であるが,おもな種類には仏画,古画(山水画,花鳥画,人物画,詩画軸),装飾画,写生画,新画,墨跡,古筆,一行(いちぎよう),画賛,消息(手紙を表装したもの),色紙,短冊,懐紙,断簡(巻物を切ってその一部を表装したもの)などがあげられるが,その区別は画然としないものもある。また同種の内容のものを同じ表装で仕立てることによって対幅(ついふく)が生まれる。対幅には双幅(例:柿栗図,竜虎図),三幅対(例:観音,猿,鶴),四幅対(四季山水図),六幅対(屛風絵),八幅対(八景図),十二幅対(十二ヵ月)などがあげられる。…

※「対幅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対幅の関連情報