対自(読み)たいじ(英語表記)für sich; pour soi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対自
たいじ
für sich; pour soi

自己に対して自覚的に,の意。意識存在者が自己自身についてもつ認識に固有の特性。ヘーゲルにおいては,即自すなわち抽象的自己同一性を保った概念 (一般者,絶対者) が,その内有した特殊性を展開して,自己を意識し,自己 (主観) と対象 (客観) とに分裂した弁証法的段階をいう。サルトルにおいては,自己のうちに否定の契機を蔵した意識存在としての人間のあり方を示す。サルトルはこれを「あらぬところのものであり,あるところのものであらぬ」と表現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たいじ【対自】

〘哲〙 存在者が自己自身を対象化する自覚的在り方。ヘーゲル弁証法の一契機。向自。フュール-ジッヒ。 → 即自

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

対自の関連情報