コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対面交通 タイメンコウツウ

デジタル大辞泉の解説

たいめん‐こうつう〔‐カウツウ〕【対面交通】

車道と歩道との区別のない道路で、車は左側、人は右側と、向かい合って通行すること。
[補説]日本では車は左側通行だが、世界では右側通行を採用している国が多い。左側通行の場合は右ハンドル、右側通行の場合は左ハンドルの車が主。

左側通行の主な国
日本・アイルランド・インド・インドネシア・英国・オーストラリア・ケニア・シンガポール・スリランカ・タイ・タンザニア・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・マレーシア・ニュージーランド・香港・南アフリカ共和国

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいめんこうつう【対面交通】

歩道と車道の区別がない道路で歩行者は右側を車両は左側を通るため、それぞれが道路の同じ側で向かい合うこと。また、その交通方法。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

対面交通の関連キーワードグラン・サン・ベルナール・トンネルアールベルク・トンネル左ハンドル右ハンドル左側通行それぞれ歩行者車道車両

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対面交通の関連情報