対馬忠行(読み)つしま ただゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

対馬忠行 つしま-ただゆき

1901-1979 大正-昭和時代の思想家。
明治34年11月18日生まれ。河上肇,福本和夫の影響でマルクス主義者となり,独学で論文を発表しつづけた。戦後は労働者農民党結成などに参加。いちはやくスターリン主義を批判,トロツキズムを紹介した。昭和54年4月11日死去。77歳。香川県出身。京都府立第三中学中退。著作に「スターリン主義批判」「トロツキズム」など。
【格言など】マルクス曰く,レーニン曰く,曰く曰くで我が生涯は終わりぬ(死に臨んで残した手紙)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android