射出座席(読み)しゃしゅつざせき(英語表記)ejection seat

翻訳|ejection seat

世界大百科事典 第2版の解説

しゃしゅつざせき【射出座席 ejection seat】

航空機から安全に脱出するための装置で,一般に高速で飛行する軍用機に装備される。航空機からの非常脱出用にパラシュートが装備された当初搭乗員は機外へ操縦席を乗り越えるか背面飛行状態にして脱出していた。しかし,航空機の速度が増大するにつれて,脱出時に受ける風圧に耐え,機体,特に垂直尾翼に接触することを避けるための対策が必要となり,搭乗員を座席ごと機外に射出したのちパラシュートで降下させる射出座席が考案された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃしゅつ‐ざせき【射出座席】

〘名〙 高速の航空機で、事故の場合に操縦士が機外へ脱出できるよう射出装置のついた座席。火薬ロケットの推進力を利用する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の射出座席の言及

【救命設備】より

…さらに毎離陸前に乗員が酸素マスクおよび救命胴衣の説明とともに,必ず脱出口の位置を示すことが義務づけられており,非常口の標示も規定によって決められている。なお,主として高速の軍用機(戦闘機など)では,火薬の爆発を利用して乗員を座席ごと機外に射出する射出座席が用いられる。【関川 栄一郎】。…

※「射出座席」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android