コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

将軍万福 しょうぐん まんぷく

2件 の用語解説(将軍万福の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

将軍万福 しょうぐん-まんぷく

?-? 奈良時代の仏師。
天平(てんぴょう)6年(734)光明皇后が母の県犬養三千代(あがたのいぬかいの-みちよ)の一周忌に造営した興福寺西金堂諸像の作者として正倉院文書にその名がみえる。現存する十大弟子像,八部衆像は万福の作とかんがえられる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しょうぐんまんぷく【将軍万福】

奈良時代の仏師。733年(天平5)から734年にかけて,光明皇后が母橘三千代の菩提のために造営した興福寺西金堂の乾漆像,本尊丈六釈迦三尊,羅漢(十大弟子)10軀,羅睺羅(らごら),梵天帝釈天四天王4軀,八部神王(八部衆)8軀,獅子2軀,菩提樹2根,宝頂天蓋1具,金鼓を打つ波羅門などの造像に当たった人物として,正倉院文書〈造物所作物帳〉に仏師将軍万福,画師秦牛養などの名が見られ,そのうち十大弟子,八部衆の大部分が現存している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

将軍万福の関連キーワード出羽柵普照大仏師安勅嶋足阿倍老人出雲太田神社老麻呂稽文会源次志斐公麻呂

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone