コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

将軍万福 しょうぐん まんぷく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

将軍万福 しょうぐん-まんぷく

?-? 奈良時代の仏師。
天平(てんぴょう)6年(734)光明皇后が母の県犬養三千代(あがたのいぬかいの-みちよ)の一周忌に造営した興福寺西金堂諸像の作者として正倉院文書にその名がみえる。現存する十大弟子像,八部衆像は万福の作とかんがえられる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうぐんまんぷく【将軍万福】

奈良時代の仏師。733年(天平5)から734年にかけて,光明皇后が母橘三千代の菩提のために造営した興福寺西金堂の乾漆像,本尊丈六釈迦三尊,羅漢(十大弟子)10軀,羅睺羅(らごら),梵天帝釈天,四天王4軀,八部神王(八部衆)8軀,獅子2軀,菩提樹2根,宝頂天蓋1具,金鼓を打つ波羅門などの造像に当たった人物として,正倉院文書〈造物所作物帳〉に仏師将軍万福,画師秦牛養などの名が見られ,そのうち十大弟子,八部衆の大部分が現存している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

将軍万福の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android