コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県犬養三千代 あがたのいぬかいの みちよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

県犬養三千代 あがたのいぬかいの-みちよ

?-733 飛鳥(あすか)-奈良時代の女官。
三野(みのの)王の妻となり橘諸兄(たちばなの-もろえ)らを,のち藤原不比等(ふひと)と再婚して光明(こうみょう)皇后を生んだ。和銅元年(708)姓をあたえられる。天武-元正朝の5代につかえ,不比等をたすけて藤原氏の繁栄につくした。歌1首が「万葉集」巻19におさめられている。天平(てんぴょう)5年1月11日死去。天平宝字4年正一位と大夫人(だいぶにん)の称号を追贈された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

県犬養三千代【あがたいぬかいのみちよ】

橘(たちばなの)三千代

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

あがたいぬかいのみちよ【県犬養三千代】

?~733) 奈良時代の女官。美努みぬ王の妻となり葛城かつらぎ王(橘諸兄もろえ)らを産み、藤原不比等に再嫁して光明子(光明皇后)らを産んだ。708年橘姓を賜り、藤原・橘両氏の繁栄のもとを築いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

県犬養三千代
あがたいぬかいのみちよ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の県犬養三千代の言及

【橘氏】より

…古代に勢力をもった氏。県犬養三千代が708年(和銅1)11月,歴代の天皇に仕えた功により橘宿禰の氏姓を賜った(橘三千代)。ついで736年(天平8)11月,美努王との間の子の葛城王と佐為王は臣籍に下って母の氏姓をつぎたい旨を上表して認められ,橘宿禰諸兄および同佐為(さい)と名のるようになった。…

【橘三千代】より

…天武,持統,文武,元明,元正の5朝に任えた女官。もと県犬養(あがたいぬかい)三千代と称する。県犬養東人(あずまひと)の娘。…

【藤原氏】より

…この成功の陰には,娘の宮子が文武天皇夫人となっていたという事情があるが,後宮に娘を送りこんで天皇を動かすという手段は,不比等自身が701年(大宝1)の律令制定に参加し,718年(養老2)には律令改定に着手するなど,新しい政治に積極的に取りくむ姿勢を維持したこととともに,その後の藤原氏が絶えず政権の主流を占める際の常套的な手法となった。
[奈良時代]
 文武天皇が宮子の生んだ首(おびと)皇子(後の聖武天皇)を残して早世すると,不比等は後妻の県犬養三千代(あがたいぬかいのみちよ)の生んだ光明子を首の夫人として皇室との姻戚関係を維持しながら,武智麻呂(むちまろ),房前(ふささき),宇合(うまかい),麻呂(まろ)の4子を次々と朝廷に送りこみ,717年に右大臣で朝廷の首班となると房前を参議に加え,大臣以下参議以上の公卿には有力諸氏から1人ずつという慣例を破り,720年に不比等が没した後は,武智麻呂が中納言となって公卿に加わった。だが首班は左大臣長屋(ながや)王となり,王は即位した聖武天皇の皇后に光明子が夫人から昇格することに反対したので,729年(天平1)武智麻呂ら4兄弟は長屋王を反乱の罪名で自殺させ(長屋王の変),光明子を臣下の出身としては最初の皇后とした。…

※「県犬養三千代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

県犬養三千代の関連キーワード石川刀子娘梅宮大社奈良時代藤原永手将軍万福橘三千代光明皇后光明子あすか橘氏飛鳥三野女官

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android