コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

県犬養橘三千代 あがたのいぬかいのたちばなのみちよ

5件 の用語解説(県犬養橘三千代の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

県犬養橘三千代
あがたのいぬかいのたちばなのみちよ

[生]?
[没]天平5(733).1.11. 奈良
県犬養連東人の娘。県狗養とも書く。初め敏達天皇の玄孫美努王 (みぬおう) と結婚し,葛城王 (橘諸兄) ,佐為王らを生み,のち藤原不比等と再婚し,安宿媛 (あすかべひめ,光明子) ,多比能を生む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あがたいぬかい‐の‐たちばな‐の‐みちよ〔あがたいぬかひ‐〕【県犬養橘三千代】

[?~733]奈良前期の女官。美努(みぬ)王に嫁して橘諸兄(たちばなのもろえ)を産み、藤原不比等に再嫁して光明皇后を産んだ。文武聖武天皇の養育にあたり、橘姓を賜って権勢を振るった橘三千代

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

県犬養橘三千代 あがたのいぬかいのたちばなの-みちよ

県犬養三千代(あがたのいぬかいの-みちよ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

県犬養橘三千代

没年:天平5.1.11(733.1.31)
生年:生年不詳
7世紀末から8世紀初めの女官。右大臣藤原不比等の妻,光明皇后の母。県犬養東人の子。はじめ美努王に嫁して葛城王(橘諸兄),佐為王(橘佐為)を生み,のちに藤原不比等に再嫁して大宝1(701)年安宿媛(光明皇后)を生む。和銅1(708)年天武天皇の時から宮廷に仕えた功によって県犬養宿禰から橘宿禰に改姓され,同8年ごろには尚侍であったと推測される。養老1(717)年従三位,5年正三位に昇り,同年元明太上天皇の重病のために出家した。天平宝字4(760)年正一位と大夫人の称号を追贈された。元明,元正,聖武3代の天皇の後宮において絶大な勢力を持ち,首皇子(のちの聖武天皇)の立太子,安宿媛の入内,立后などに力があり,不比等の権力拡大に寄与したといわれる。橘夫人厨子(法隆寺蔵)は彼女の念持仏を安置したものと伝える。<参考文献>岸俊男『宮都と木簡』,野村忠夫『後宮と女官』

(今泉隆雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

県犬養橘三千代
あがたいぬかいのたちばなのみちよ
(?―733)

天武(てんむ)朝から元正(げんしょう)朝の5代に歴仕した、古代屈指の有力女官。父は東人(あずまひと)。初め美努(みの)王に嫁し、葛城王(橘諸兄(たちばなのもろえ))、牟漏(むろ)女王らを産み、藤原不比等(ふひと)に再嫁して光明子(こうみょうし)を産む。持統(じとう)、元明(げんめい)、元正3女帝の信任を受け、文武(もんむ)、聖武(しょうむ)の養育、宮子(文武夫人)・光明子(聖武皇后)の入内(じゅだい)に功があり、708年(和銅1)には元明よりとくに橘姓を賜った。夫不比等の政界制覇を側面から助け、その次男房前(ふささき)に娘牟漏を嫁がせ、一族県犬養氏を引き立て、広刀自(ひろとじ)を聖武夫人に周旋し、わが子葛城王の出世を図るなど八面六臂(ろっぴ)の活躍をした。元明の崩御後、出家入道。760年(天平宝字4)正一位大夫人を贈られた。[黛 弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

県犬養橘三千代の関連キーワード勅版達延汗栃木県小山市中里東京都日野市落川大阪府阪南市自然田大阪府羽曳野市西浦兵庫県神戸市垂水区五色山奈良県桜井市上之宮奈良県奈良市神功福岡県京都郡みやこ町勝山黒田

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone