コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小北寅之助 こきた とらのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小北寅之助 こきた-とらのすけ

1865-1932 明治-昭和時代前期の牧師。
慶応元年8月18日生まれ。山本覚馬の影響でキリスト教入信。熊本県八代教会をへて,明治29年京都府丹後教会で布教。42年北海道名寄(なよろ)に天塩(てしお)教会を設立。一族をあげての伝道で知られた。昭和7年8月26日死去。68歳。丹波桑田郡(京都府)出身。同志社神学校卒。著作に「恩寵(おんちょう)のあかし」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小北寅之助

没年:昭和7.8.26(1932)
生年:慶応1.8.18(1865.10.7)
日本組合教会牧師。丹波国南桑田郡千代川村今津(京都府亀岡市)に小北忠蔵,ふじ子の長男として生まれる。明治16(1883)年京都に出て山本覚馬につき法学を学び,その感化でキリスト教に入信。同23年同志社神学校を卒業,熊本県八代教会,同29年丹後教会に赴任。同42年より北海道名寄で伝道,天塩教会(名寄教会)を創立。大正15(1926)年には札幌北部教会を創立する。アダム・スミス『国富論』を読み,信仰による団結が一家一族の経済的繁栄をもたらすことを学び,小北同胞会を組織,一族あげて伝道牧会に力をつくした。<著作>『山上の垂訓 民衆の福音』『新天地の新人』『恩寵のあかし』<参考文献>大濱徹也「小北一族と名寄」(『士別市立博物館報告』3号),同「小北一族にみる信仰と事業」(『近現代における「家」の変質と宗教』)

(大濱徹也)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

小北寅之助の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広稲垣浩小津安二郎キューカー満州国

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android