コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小北寅之助 こきた とらのすけ

2件 の用語解説(小北寅之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小北寅之助 こきた-とらのすけ

1865-1932 明治-昭和時代前期の牧師。
慶応元年8月18日生まれ。山本覚馬の影響でキリスト教に入信。熊本県八代教会をへて,明治29年京都府丹後教会で布教。42年北海道名寄(なよろ)に天塩(てしお)教会を設立。一族をあげての伝道で知られた。昭和7年8月26日死去。68歳。丹波桑田郡(京都府)出身。同志社神学校卒。著作に「恩寵(おんちょう)のあかし」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小北寅之助

没年:昭和7.8.26(1932)
生年:慶応1.8.18(1865.10.7)
日本組合教会牧師。丹波国南桑田郡千代川村今津(京都府亀岡市)に小北忠蔵,ふじ子の長男として生まれる。明治16(1883)年京都に出て山本覚馬につき法学を学び,その感化でキリスト教に入信。同23年同志社神学校を卒業,熊本県八代教会,同29年丹後教会に赴任。同42年より北海道名寄で伝道,天塩教会(名寄教会)を創立。大正15(1926)年には札幌北部教会を創立する。アダム・スミス『国富論』を読み,信仰による団結が一家一族の経済的繁栄をもたらすことを学び,小北同胞会を組織,一族あげて伝道牧会に力をつくした。<著作>『山上の垂訓 民衆の福音』『新天地の新人』『恩寵のあかし』<参考文献>大濱徹也「小北一族と名寄」(『士別市立博物館報告』3号),同「小北一族にみる信仰と事業」(『近現代における「家」の変質と宗教』)

(大濱徹也)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小北寅之助の関連キーワード組合教会日本組合基督教会ニーメラーボンヘッファー岡部太郎長谷川初音真鍋頼一村上俊吉米田豊渡瀬常吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone