コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小坂善之助 こさか ぜんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小坂善之助 こさか-ぜんのすけ

1853-1913 明治-大正時代の政治家,実業家。
嘉永(かえい)6年7月15日生まれ。小坂善太郎の祖父。明治14年長野県会議員となり,23年衆議院議員(当選4回,政友会)。また22年信濃(しなの)銀行,30年長野電灯を創立。31年信濃毎日新聞社長に就任し,山路愛山主筆にむかえ紙面の刷新をはかった。大正2年12月21日死去。61歳。信濃(長野県)出身。幼名は覚太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小坂善之助の言及

【信濃毎日新聞】より

…1873年7月《長野新報》の題号で創刊されたが,その後《長野毎週新聞》《長野新聞》《長野日日新聞》《信濃日報》と改題,81年から現題号になった。1880年代に一時,帝政党の機関紙となったが,86年ごろ脱却,90年株式会社に組織を変更,小坂善之助が実権を握り不偏不党を宣言した。99年,山路愛山を主筆に迎え,このとき〈社長といえども編集に容喙(ようかい)せず〉の方針を明らかにし,以後編集の独立が社風として確立された。…

※「小坂善之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小坂善之助の関連キーワード小坂順造大正時代実業家嘉永

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android