コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小塩力 おしお つとむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小塩力 おしお-つとむ

1903-1958 昭和時代の牧師,聖書学者。
明治36年3月16日生まれ。植村正久から洗礼をうけ,高倉徳太郎に師事。松江教会,佐世保教会をへて,昭和22年日本基督(キリスト)教団井草教会を設立。雑誌「福音と世界」の主筆となり,「新約聖書神学辞典」を編集した。昭和33年6月12日死去。55歳。群馬県出身。東京帝大卒。著作に「高倉徳太郎伝」「聖書入門」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おしおつとむ【小塩力】

1903‐58(明治36‐昭和33)
牧師,聖書学者。群馬県に生まれ東大農学部をへて東京神学社高倉徳太郎に学ぶ。松江と佐世保で伝道し,第2次大戦後は東京で井草教会を創立,生涯牧師として説教に全力を注いだ。難解といわれながら鋭く深いその説教は3巻の説教集にまとめられている。説教の基盤としての聖書学に関心をもち1950年日本聖書学研究所を創設,その初代所長となった。《新約聖書神学辞典》を編集したほか,著書に《聖書入門》《コロサイ書》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小塩力の関連キーワード岸信介内閣テレビドラマプラット修正ロシア映画新共和国連合上野山功一モノコックボディ大躍進高田(福岡県)光の科学史