コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小塩力 おしお つとむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小塩力 おしお-つとむ

1903-1958 昭和時代の牧師,聖書学者。
明治36年3月16日生まれ。植村正久から洗礼をうけ,高倉徳太郎に師事。松江教会,佐世保教会をへて,昭和22年日本基督(キリスト)教団井草教会を設立。雑誌「福音と世界」の主筆となり,「新約聖書神学辞典」を編集した。昭和33年6月12日死去。55歳。群馬県出身。東京帝大卒。著作に「高倉徳太郎伝」「聖書入門」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おしおつとむ【小塩力】

1903‐58(明治36‐昭和33)
牧師,聖書学者。群馬県に生まれ東大農学部をへて東京神学社高倉徳太郎に学ぶ。松江と佐世保で伝道し,第2次大戦後は東京で井草教会を創立,生涯牧師として説教に全力を注いだ。難解といわれながら鋭く深いその説教は3巻の説教集にまとめられている。説教の基盤としての聖書学に関心をもち1950年日本聖書学研究所を創設,その初代所長となった。《新約聖書神学辞典》を編集したほか,著書に《聖書入門》《コロサイ書》などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

小塩力の関連キーワード高倉 徳太郎小塩 力小塩節

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android