コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山作之助 こやま さくのすけ

4件 の用語解説(小山作之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山作之助 こやま-さくのすけ

1864*-1927 明治-大正時代の音楽教育家。
文久3年12月15日生まれ。文部省音楽取調掛を卒業し,明治30年後身の東京音楽学校(現東京芸大)教授。「夏は来ぬ」「敵は幾万」など唱歌,軍歌をおおく作曲。文部省検定図書調査委員,日本教育音楽協会会長。昭和2年6月27日死去。65歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

小山作之助 おやま-さくのすけ

こやま-さくのすけ

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小山作之助

没年:昭和2.6.27(1927)
生年:文久3.12.15(1864.1.23)
明治から昭和にかけての作曲家,音楽教育家。越後潟町村(新潟県大潟町)出身。明治20(1887)年音楽取調掛(東京芸大音楽学部)全科卒業。東京府伝習所,東京師範学校,東京盲唖学校などを歴任して,25年東京音楽学校助教授,30年から38年同校教授。のち,同声会理事長,日本音楽協会初代会長,日本楽器会社顧問,文部省検定図書調査委員を務める。後進への面倒見がよく,「音楽界の西園寺公望」と評された。作曲した唱歌は多数。なかでも「夏は来ぬ」「川中島」「敵は幾万」などは特に名高い。その編著に成る唱歌集の数も多い。

(中村洪介)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こやまさくのすけ【小山作之助】

1863~1927) 音楽教育家・作曲家。新潟県生まれ。東京音楽学校教授。「夏は来ぬ」「敵は幾万ありとても」など唱歌・軍歌を多数作曲。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

小山作之助の関連キーワード元治日活(株)女医イギリス映画ペドロ[2世]ロダン池田屋惣兵衛入江九一扇格左衛門大浦教之助

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone