コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山朝三 こやま ともかず

1件 の用語解説(小山朝三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山朝三 こやま-ともかず

?-1684 江戸時代前期の儒者。
堺(さかい)の人。江戸で林鵞峰(がほう)にまなび,対馬(つしま)(長崎県)府中藩につかえる。天和(てんな)2年(1682)朝鮮使節が来日し徳川光圀(みつくに)に贈り物をした際,礼儀にかけるとの光圀の詰問を通詞にかわってつたえる。使節はその非礼をわび,以後あらためたという。貞享(じょうきょう)元年死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山朝三の関連キーワード貞享稲葉正休岡村十兵衛堀田正俊金鍔元禄時代耳搔き稲葉正休河東節市法貨物仕法

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone