コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山朝三 こやま ともかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山朝三 こやま-ともかず

?-1684 江戸時代前期の儒者。
堺(さかい)の人。江戸で林鵞峰(がほう)にまなび,対馬(つしま)(長崎県)府中藩につかえる。天和(てんな)2年(1682)朝鮮使節が来日し徳川光圀(みつくに)に贈り物をした際,礼儀にかけるとの光圀の詰問通詞にかわってつたえる。使節はその非礼をわび,以後あらためたという。貞享(じょうきょう)元年死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小山朝三の関連キーワード儒者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android