小川和紙

デジタル大辞泉プラスの解説

小川和紙

埼玉県比企郡小川町、秩父郡東秩父村で生産される和紙。原料はコウゾ。当地での製造の起源は奈良時代に遡るとされ、江戸時代に当時は和歌山県の高野町細川で漉かれていた「細川奉書」と同質の紙(細川紙)を小川で漉かせるようになったことから有名となる。その後和歌山での生産は衰退。「細川紙」の技術は埼玉のみで引き継がれることとなった。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

小川和紙[紙工芸・和紙]
おがわわし

関東地方、埼玉県の地域ブランド。
比企郡小川町・秩父郡東秩父村で製作されている。約1200年ほど前、光仁天皇の頃からつくられたという。なかでも紀州から技術が移入された細川紙は、楮だけを材料とした和紙で、丈夫で素朴な紙質が高評価を受けている。白の素朴な風合いのものから染紙・もみ紙・工芸紙・美術紙と色鮮やかなものまである。埼玉県伝統的手工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小川和紙の関連情報