コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細川紙 ホソカワガミ

デジタル大辞泉の解説

ほそかわ‐がみ〔ほそかは‐〕【細川紙】

埼玉県比企(ひき)郡小川町産の楮(こうぞ)製の和紙帳簿などに用いる。はじめ紀伊国細川村で産したところからの名称。ほそかわし。
[補説]国指定の重要無形文化財。また、平成26年(2014)「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」の名称で、本美濃紙石州半紙とともにユネスコ無形文化遺産に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

細川紙【ほそかわがみ】

コウゾを原料とした強靭(きょうじん)な厚い手すき和紙。〈ほそかわし〉とも呼ばれる。和歌山県高野町細川でかつて生産されていた和紙。その後,生産の拠点は埼玉県に移り,比企郡小川町で生産される〈小川和紙〉のひとつとなった。
→関連項目小川[町]東秩父[村]無形文化遺産保護条約

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

細川紙

かつて和歌山県伊都郡の高野町細川で生産されていた和紙。原料はコウゾ。その後生産の拠点は埼玉県に移り、比企郡小川町で生産される「小川和紙」のひとつとなる。和歌山県での生産は途絶。1978年、国の重要無形文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほそかわがみ【細川紙】

埼玉県比企郡小川町および秩父郡東秩父村ですかれている強靱(きようじん)な楮紙(こうぞがみ)。《正倉院文書》によれば,武蔵国は774年(宝亀5)に紙すきが行われている。地元の伝承によれば,比企郡平村の慈光寺には871年(貞観13)の写経が残っており,この写経用紙を供給するところから,この地の紙すきが始まったという。1668年(寛文8)の資料では,すでに比企,秩父,男衾(おぶすま)の3郡における製紙業の発展はめざましい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほそかわがみ【細川紙】

こうぞの繊維でつくった和紙。版画・帳簿などに用いる。紀伊国細川村で産出されたことからの称。現在は埼玉県小川町産。はしきらず。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

細川紙

埼玉県小川町周辺で生産されている、(こうぞ)を原料とした手すき和紙の名称。同地域で生産される小川和紙の中でも代表的な紙である。紙の地合がしまって、紙面にけばだちが生じにくい強靱(きょうじん)な楮紙(こうぞがみ)である。江戸時代、小川を中心とした比企・秩父・男衾が和紙の一大産地に発展し、各種の紙が漉(す)かれた。和歌山の高野山麓の紙漉き場である細川村で漉かれたことが「細川紙」の名称の由来であるというのが有力。細川紙の用途はかつては土地台帳、大福帳、記録用紙など、強靱性が特に求められるものに広く用いられていたが、しだいに需要が減少し、現在は和本用紙、文庫用紙、たとう紙などに使用されている。2014年11月27日、細川紙の手すきの技術は、09年にすでにユネスコ無形文化遺産に登録されている島根県の「石州半紙」、岐阜県の「本美濃紙」に続き、2014年11月27日、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産へ登録されることが決定した。

(2014-11-28)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

世界大百科事典内の細川紙の言及

【小川[町]】より

…現在は和紙生産の大部分が機械すきとなり,加工紙も生産されている。細川紙と呼ばれたコウゾのみを原料とする手すき和紙も伝承されており,1978年に重要無形文化財に指定された。県立製紙試験場もある。…

【楮紙】より

…本来,越前奉書は地元のコウゾや加賀楮,本美濃紙は津保草(つぼくさ)とよばれる地元のコウゾを使っていたものだが,現在は絶えてしまったので,よく似た性質の那須楮で代用している。その他,細川紙(埼玉県)は地元に近い群馬楮を使って,黄色みの濃い,光沢のある楮紙となるのが本来の姿であった。また東北地方や九州南部に多い,冬の農閑期にすく副業の製紙家は,地元のコウゾを使う場合が多い。…

※「細川紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

細川紙の関連キーワード[団体指定]工芸技術部門(保持団体指定)埼玉県秩父郡東秩父村埼玉県比企郡小川町東秩父(村)小川(町)浜田(市)小川[町]美濃(市)美濃[市]関根隆吉世界遺産石見半紙版画補説

細川紙の関連情報