コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林・益川理論 こばやしますかわりろんKobayashi‐Maskawa theory

知恵蔵の解説

小林・益川理論

中性K中間子の崩壊でCP対称性の破れが見つかったのを受けて、この破れは、クオークが3世代以上あれば起こるとの見方などを盛り込んだ理論。1973年、小林誠(現・高エネルギー加速器研究機構名誉教授)と益川敏英(現・京大名誉教授)が示した。その予想は的中し、クオークは90年代半ばに最後のトップが発見されたことで3世代6種の顔ぶれがそろった。2000年代に入ると、日米のBファクトリー実験がB中間子と反B中間子の崩壊で破れを精密に観測して、この理論を裏づけた。2人は08年、南部陽一郎(米シカゴ大名誉教授)とともにノーベル物理学賞を贈られることになった。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小林・益川理論

素粒子のプラス、マイナスを入れ替え、さらに鏡像と入れ替えても同じ物理法則が成り立つことをCP対称性という。しかし、実際にはCP対称性が破れていることを64年に米国の物理学者が発見した。小林・益川両氏は73年、この破れが起こるためには、物質をつくる基本粒子のクォークが少なくとも6種類必要であると予言した。当時、クォークは3種類しか見つかっていなかったが、94年までに3種類のクォークが見つかり、6種類あることがわかっている。

(2008-11-28 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

小林・益川理論の関連キーワード加速器研究施設ボトムクオーク対称性の破れチャーム粒子トリスタン標準模型ベル実験

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林・益川理論の関連情報