コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林・益川理論 こばやしますかわりろん Kobayashi‐Maskawa theory

2件 の用語解説(小林・益川理論の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

小林・益川理論

中性K中間子の崩壊でCP対称性の破れが見つかったのを受けて、この破れは、クオークが3世代以上あれば起こるとの見方などを盛り込んだ理論。1973年、小林誠(現・高エネルギー加速器研究機構名誉教授)と益川敏英(現・京大名誉教授)が示した。その予想は的中し、クオークは90年代半ばに最後のトップが発見されたことで3世代6種の顔ぶれがそろった。2000年代に入ると、日米のBファクトリー実験がB中間子と反B中間子の崩壊で破れを精密に観測して、この理論を裏づけた。2人は08年、南部陽一郎(米シカゴ大名誉教授)とともにノーベル物理学賞を贈られることになった。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

小林・益川理論

素粒子のプラスマイナス入れ替え、さらに鏡像と入れ替えても同じ物理法則が成り立つことをCP対称性という。しかし、実際にはCP対称性が破れていることを64年に米国の物理学者が発見した。小林・益川両氏は73年、この破れが起こるためには、物質をつくる基本粒子クォーク少なくとも6種類必要であると予言した。当時、クォークは3種類しか見つかっていなかったが、94年までに3種類のクォークが見つかり、6種類あることがわかっている。

(2008-11-28 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林・益川理論の関連キーワードK中間子CP対称性CP対称性の破れCPの破れB中間子荷電K中間子中性K中間子K*中間子チャームクォーク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林・益川理論の関連情報