小瀬ヶ沢洞穴(読み)こせがさわどうけつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小瀬ヶ沢洞穴
こせがさわどうけつ

新潟県北東部,阿賀町にある縄文時代初期の洞穴遺跡。遺物は土器石器骨器で,刺突文,すだれ状文,絡状体圧痕文,押圧縄文,爪形文押型文無文,撚糸文などの土器や尖頭器石鏃石刃石匙石斧などの石器が出土した。縄文文化の起源を研究するうえで重要な遺跡である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こせがさわどうけつ【小瀬ヶ沢洞穴】

新潟県東蒲原郡上川村大字神谷にある縄文時代草創期洞穴遺跡。阿賀野川の支流の室谷川をさかのぼった福島県境に近い越後山脈中にある。小瀬ヶ沢山(標高444m)の山腹に形成された間口6m,奥行き7mの洞穴で,1958,59年に長岡市立科学博物館が発掘調査した。それまで中部地方で最古の縄文土器とされていた押型文土器や撚糸文土器の下層から,隆線文土器,爪形文土器,押圧縄文土器などの土器が発見され,草創期の土器群が層位的に明らかにされた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android