コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小牧健夫 こまき たけお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小牧健夫 こまき-たけお

1882-1960 大正-昭和時代のドイツ文学者,詩人。
明治15年11月29日生まれ。一高在学中から文芸誌「文庫」などに詩を投稿。ロマン派文学,とくにゲーテ,ノバーリスなどを研究し,昭和7年九州帝大教授。のち明大,学習院大の教授。昭和35年7月15日死去。77歳。東京出身。東京帝大卒。号は暮潮。著作に「ゲーテ雑考」「ドイツ浪漫派の人々」,詩集に「暮潮詩抄」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小牧健夫
こまきたけお
(1882―1960)

詩人、独文学者。東京生まれ。号暮潮(ぼちょう)。東京帝国大学独文科卒業。旧制高校、大学教授を歴任。『ゲーテ雑考』『ドイツ浪曼(ろうまん)派の人々』、論文『ヘルダーリン研究』(1953)などの著作があり、ゲーテ、ヘルダーリン、ノバーリスの研究に業績をもつ。一方、河井酔茗(すいめい)、横瀬夜雨(やう)、伊良子清白(いらこせいはく)らとともに、学生時代から『文庫』に投書、詩人として活躍した。限定版の自撰(じせん)詩集『暮潮詩抄』(1952)に詩業がまとめられている。[岩崎武夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小牧健夫の関連キーワードヘルダーリン成瀬無極青い花

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android