コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珊瑚樹 サンゴジュ

デジタル大辞泉の解説

さんご‐じゅ【××瑚樹】

木の枝の形をしているサンゴ
スイカズラ科の常緑小高木。葉はやや大形の倒卵形でつやがある。夏に白い小花を密につけ、実は熟すと赤くなる。関東南部以西に分布する。きさんご。 実=秋 花=夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんごじゅ【珊瑚樹】

スイカズラ科の常緑高木。暖地に自生し、また生け垣・防風林・防火樹などとして栽植される。葉は長楕円形で光沢がある。夏、枝端に白色小花を多数円錐状につけ、秋、赤熟する楕円形の液果を結ぶ。キサンゴ。
樹枝状のサンゴ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

珊瑚樹 (サンゴジュ)

学名:Viburnum awabuki
植物。スイカズラ科の常緑低木・小高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

珊瑚樹の関連キーワード小牧 健夫キサンゴ防火樹樹枝状防風林生け垣暖地

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android