コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横瀬夜雨 よこせやう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横瀬夜雨
よこせやう

[生]1878.1.1. 茨城,横根
[没]1934.2.14. 茨城
詩人。本名,虎寿。幼時に佝僂 (くる) 病にかかり,身体障害者として孤独な読書生活をおくった。 1895年『神も仏も』が認められて以来『文庫』派の詩人として活躍,河井酔茗伊良子清白と並び称された。詩集に『夕月』 (1899) ,『花守』 (1905) ,『花守日記』 (06) ,『二十八宿』 (07) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よこせ‐やう【横瀬夜雨】

[1878~1934]詩人。茨城の生まれ。本名、虎寿。別号、利根丸・宝湖。河井酔茗・伊良子清白とともに文庫派の代表的詩人。恋愛叙情詩や地方色豊かな作品で知られた。詩集「夕月」「花守」「二十八宿」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

横瀬夜雨【よこせやう】

詩人,歌人。本名虎寿。別号,宝湖。茨城県生れ。幼時佝僂(くる)病を病む。文芸雑誌《文庫》に投稿,河井酔茗伊良子清白(すずしろ)とともに文庫派の詩人として知られた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横瀬夜雨 よこせ-やう

1878-1934 明治-昭和時代前期の詩人。
明治11年1月1日生まれ。くる病の苦悩のなかで,「文庫」に民謡調の詩を投稿,河井酔茗(すいめい)にみとめられた。浪漫主義的叙情詩で知られ,筑波根詩人とよばれた。昭和9年2月14日死去。57歳。茨城県出身。本名は虎寿(とらじゅ)。別号に利根丸,宝湖。詩集に「花守」「二十八宿」,歌集に「死のよろこび」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

よこせやう【横瀬夜雨】

1878‐1934(明治11‐昭和9)
詩人,歌人。茨城県の生れ。本名は虎寿,別号宝湖(ほうこ)。長塚節(たかし)の生家姻戚にあたる豪農の次男に生まれたが,幼少時に佝僂(くる)病の身となり,生涯常人の知らぬ苦悩と試練を味わう。そのぶん詩だけが彼には救いであり,その不幸が《夕月》(1899),《花守(はなもり)》(1905),《二十八宿》(1907)などの個性的な名詩集を生み,《死のよろこび》(1915)の悽愴な歌集となった。おもに河井酔茗らの雑誌《文庫》に拠って詩風を形成したが,彼の詩はすぐれて独創的であり,かつ多彩,自然や人間を歌っても作者の内面の投影が見られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

よこせやう【横瀬夜雨】

1878~1934) 詩人。茨城県生まれ。本名は虎寿、別号を宝湖・花守。河井酔茗・伊良子清白と並ぶ「文庫」派の代表的詩人。浪漫的な情感の濃い詩風で知られ、詩集「夕月」「花守」「二十八宿」、研究書「明治初年の世相」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横瀬夜雨
よこせやう
(1878―1934)

詩人。本名虎寿(とらひさ)。別号利根丸(とねまる)、宝湖(ほうこ)。茨城県真壁郡大宝村(現下妻市)に生まれる。幼時、脊椎(せきつい)を患い、くる病の苦しみにさいなまれながら詩作を続け、『文庫』に『神も仏も』『お才』『やれだいこ』など民謡調の秀作を発表、河井酔茗(すいめい)、伊良子清白(いらこせいはく)とともに『文庫』三詩人の一人といわれた。1907年(明治40)酔茗主宰の詩草社に参加、また『女子文壇』の新体詩欄選者、『いはらき』紙(現『茨城新聞』)の短歌欄選者となって後進の指導にあたり、晩年は明治初期の史実編纂(へんさん)に及んだ。その詩風は七五調の定型を基礎とし、自身の境涯の哀感を歌い上げて独自の作品を残した。詩集『夕月』『花守』『二十八宿』、歌集『死のよろこび』のほか、『夜雨集』『明治初年の世相』『天狗(てんぐ)騒ぎ』『太政官時代』などがある。[近藤信行]
『横瀬隆雄著『横瀬夜雨・生涯と文学』(1966・夜雨記念会) ▽『明治文学全集59 横瀬夜雨他集』(1969・筑摩書房) ▽『横瀬夜雨複刻全集』全五巻(1974・崙書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

横瀬夜雨の関連キーワード下妻市ふるさと博物館文庫(文芸雑誌)清水 橘村菊池 リウ下妻(市)若杉 鳥子中山省三郎菊池リウ滝沢秋暁小牧健夫下妻市

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android