コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

横瀬夜雨 よこせやう

7件 の用語解説(横瀬夜雨の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

横瀬夜雨
よこせやう

[生]1878.1.1. 茨城,横根
[没]1934.2.14. 茨城
詩人。本名,虎寿。幼時に佝僂 (くる) 病にかかり,身体障害者として孤独な読書生活をおくった。 1895年『神も仏も』が認められて以来『文庫』派の詩人として活躍,河井酔茗伊良子清白と並び称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よこせ‐やう【横瀬夜雨】

[1878~1934]詩人。茨城の生まれ。本名、虎寿。別号、利根丸・宝湖。河井酔茗・伊良子清白とともに文庫派の代表的詩人。恋愛叙情詩や地方色豊かな作品で知られた。詩集「夕月」「花守」「二十八宿」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

横瀬夜雨【よこせやう】

詩人,歌人。本名虎寿。別号,宝湖。茨城県生れ。幼時佝僂(くる)病を病む。文芸雑誌《文庫》に投稿,河井酔茗伊良子清白(すずしろ)とともに文庫派の詩人として知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

横瀬夜雨 よこせ-やう

1878-1934 明治-昭和時代前期の詩人。
明治11年1月1日生まれ。くる病の苦悩のなかで,「文庫」に民謡調の詩を投稿,河井酔茗(すいめい)にみとめられた。浪漫主義的叙情詩で知られ,筑波根詩人とよばれた。昭和9年2月14日死去。57歳。茨城県出身。本名は虎寿(とらじゅ)。別号に利根丸,宝湖。詩集に「花守」「二十八宿」,歌集に「死のよろこび」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

よこせやう【横瀬夜雨】

1878‐1934(明治11‐昭和9)
詩人,歌人。茨城県の生れ。本名は虎寿,別号宝湖(ほうこ)。長塚節(たかし)の生家と姻戚にあたる豪農の次男に生まれたが,幼少時に佝僂(くる)病の身となり,生涯常人の知らぬ苦悩と試練を味わう。そのぶん詩だけが彼には救いであり,その不幸が《夕月》(1899),《花守(はなもり)》(1905),《二十八宿》(1907)などの個性的な名詩集を生み,《死のよろこび》(1915)の悽愴な歌集となった。おもに河井酔茗らの雑誌《文庫》に拠って詩風を形成したが,彼の詩はすぐれて独創的であり,かつ多彩,自然や人間を歌っても作者の内面の投影が見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よこせやう【横瀬夜雨】

1878~1934) 詩人。茨城県生まれ。本名は虎寿、別号を宝湖・花守。河井酔茗・伊良子清白と並ぶ「文庫」派の代表的詩人。浪漫的な情感の濃い詩風で知られ、詩集「夕月」「花守」「二十八宿」、研究書「明治初年の世相」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

横瀬夜雨
よこせやう
(1878―1934)

詩人。本名虎寿(とらひさ)。別号利根丸(とねまる)、宝湖(ほうこ)。茨城県真壁郡大宝村(現下妻市)に生まれる。幼時、脊椎(せきつい)を患い、くる病の苦しみにさいなまれながら詩作を続け、『文庫』に『神も仏も』『お才』『やれだいこ』など民謡調の秀作を発表、河井酔茗(すいめい)、伊良子清白(いらこせいはく)とともに『文庫』三詩人の一人といわれた。1907年(明治40)酔茗主宰の詩草社に参加、また『女子文壇』の新体詩欄選者、『いはらき』紙(現『茨城新聞』)の短歌欄選者となって後進の指導にあたり、晩年は明治初期の史実編纂(へんさん)に及んだ。その詩風は七五調の定型を基礎とし、自身の境涯の哀感を歌い上げて独自の作品を残した。詩集『夕月』『花守』『二十八宿』、歌集『死のよろこび』のほか、『夜雨集』『明治初年の世相』『天狗(てんぐ)騒ぎ』『太政官時代』などがある。[近藤信行]
『横瀬隆雄著『横瀬夜雨・生涯と文学』(1966・夜雨記念会) ▽『明治文学全集59 横瀬夜雨他集』(1969・筑摩書房) ▽『横瀬夜雨複刻全集』全五巻(1974・崙書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

横瀬夜雨の関連キーワード鈴木豹軒茨城県北茨城市磯原町磯原茨城県東茨城郡茨城町大戸茨城県東茨城郡茨城町小幡茨城県久慈郡茨城県猿島郡茨城県那珂市戸茨城県那珂郡茨城県東茨城郡茨城県結城郡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone