コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小田氏治 おだ うじはる

2件 の用語解説(小田氏治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小田氏治 おだ-うじはる

1534-1602* 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)3年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)小田城主。結城(ゆうき),佐竹氏ら近隣の領主と抗争をくりかえす。永禄(えいろく)12年手這(てばい)坂の戦いで佐竹氏に敗れ,支城の土浦城にのがれる。豊臣秀吉小田原攻めにしたがわなかったため所領をうしない,越前(えちぜん)(福井県)にうつった。慶長6年閏(うるう)11月13日死去。68歳。通称は小太郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小田氏治

没年:慶長6.閏11.13(1602.1.6)
生年:享禄4?(1531)
戦国時代の武将。常陸国小田(つくば市)の城主。越前守。政治の子。常陸の小規模大名のひとりとして,近隣の諸勢力と戦いを繰り返す。弘治2(1556)年には結城氏と戦って敗れ,永禄2(1559)年にも結城氏を攻めてまた敗れた。その後は佐竹氏と対立して相模,武蔵の北条氏と結び,同12年に常陸手這坂で佐竹方の軍と戦って大敗した。天正18(1590)年には豊臣秀吉の小田原参陣の命に従わず所領を没収され,のち越前に移り同地で死去した。

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小田氏治の関連キーワード小田孝朝後北条氏つくば市常陸風土記普門寺江戸通政小田朝久小田治久佐竹義昭東常氏

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone