小知(読み)ショウチ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ち〔セウ‐〕【小知】

少しの知行。わずかな扶持(ふち)。
「昔は―も取れる者なりしが」〈浮・武家義理・五〉

しょう‐ち〔セウ‐〕【小知/小×智】

少しばかりの知恵。あさはかな知恵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android