小石季白(読み)こいし きはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「小石季白」の解説

小石季白 こいし-きはく

?-1764 江戸時代中期の武士,医師。
小石元俊の父。はじめ林野直頼と称する若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩士祖父,父は家老をつとめ,直頼も城代となる。宝永7年職を辞し,浪人して小石季白と改名する。のち大坂で茶道,和歌,連歌をおしえ,医術もおこなった。明和元年死去。通称は市之進。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android