コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小美玉市 おみたま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小美玉〔市〕
おみたま

茨城県中部,霞ヶ浦北岸の市。2006年小川町,美野里町,玉里村の 2町 1村が合体して成立。畑地が多くニラ,イチゴなど野菜栽培が行なわれるほか,米作,ナシなどの果樹栽培,酪農も行なわれる。霞ヶ浦に面する南西部ではレンコンを特産し内水面漁業が行なわれる。西部を JR常磐線,国道6号線が通り,常磐自動車道の岩間インターチェンジにも近いことから工場が進出し,宅地化が進んだ。東部に茨城空港航空自衛隊百里基地がある。南部を国道355号線が通る。面積 144.74km2。人口 5万911(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おみたま‐し〔をみたま‐〕【小美玉市】

小美玉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

小美玉市の関連キーワード[各個指定]芸能部門ヘレン ミレン意匠テキサス大学アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小美玉市の関連情報