コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小西六右衛門 こにし ろくえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小西六右衛門 こにし-ろくえもん

1847-1921 明治-大正時代の実業家。
弘化(こうか)4年8月4日生まれ。明治35年六桜社(現コニカ)を設立し,フランス人技師の指導で写真機材を製作。「写真月報」の刊行,小西写真専門学校(のち東京写真専門学校)の設立などにより,写真技術の普及をはかった。大正10年10月5日死去。75歳。江戸出身。本姓杉浦

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

小西六右衛門

没年:大正10.10.5(1921)
生年弘化4.8.4(1847.9.13)
明治期の実業家。とりわけ写真材料商として有名。本姓は杉浦。スタートは日本橋薬種商,のち写真器材,石版機械の輸入業大桜社を設立。同社は小西六,コニカと社名を移し今日に至る。

(平木収)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

小西六右衛門の関連キーワード光学機械工業大正時代没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android