コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野圭次郎 おの けいじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野圭次郎 おの-けいじろう

1869-1952 明治-昭和時代の英語学者。
明治2年3月9日生まれ。福島県,愛媛県,三重県などで英語教師をつとめる。大正10年出版した受験参考書「英文之解釈」が150万部をこえるロングセラーとなる。以後も「英語の単語研究法」などおおくの受験参考書をだし,「小野圭」の名でしたしまれた。昭和27年11月11日死去。83歳。磐城(いわき)磐前(いわさき)郡(福島県)出身。高等師範卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小野圭次郎の言及

【受験参考書】より

…また,藤森良蔵(1882‐1946)と塚本哲三(1881‐1953)とは,1917年9月から受験雑誌《考へ方》を創刊し,〈考へ方研究社〉をおこして,〈考へ方主義〉にもとづく多くの受験参考書を出版した。藤森の〈考へ方主義〉の影響下に書かれた,小野圭次郎《英文の解釈・考へ方と訳し方》(山海堂,1921)は,72年までに1050版,600万部を売ったという。赤尾好夫が日本で初めて通信添削形式による受験指導を始めたのは1932年のことであるが,赤尾好夫《英語基本単語熟語集》(旺文社,1942)も,〈豆単〉とよばれて受験生に歓迎された。…

※「小野圭次郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小野圭次郎の関連キーワード伊東甲子太郎昭和時代明治

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android