コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小野寺十内 おのでら じゅうない

5件 の用語解説(小野寺十内の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

小野寺十内

江戸前・中期の武士。赤穂四十七士の一人。名は秀和、変名は仙北十庵。京都留守居役を務める。浅野長矩の刃傷後、江戸に出て医者仙北十庵と名のる。姉の子の大高源吾、源吾の弟で養子とした小野寺幸右衛門や、源吾の甥岡野金右衛門らと共に討入りに参加した。一党の中の年輩者として大石良雄を助けた。妻は歌人の丹。元禄16年(1703)歿、61才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おのでら‐じゅうない〔をのでらジフナイ〕【小野寺十内】

[1643~1703]赤穂義士(あこうぎし)の一人。名は秀和。浅野家の京都留守居役。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野寺十内 おのでら-じゅうない

1643-1703 江戸時代前期の武士。
寛永20年生まれ。赤穂(あこう)四十七士のひとり。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂藩主浅野長矩(ながのり)につかえ,京都留守居。大石主税(ちから)につきそって江戸に出,吉良邸討ち入りにくわわった。元禄(げんろく)16年2月4日細川邸で切腹。61歳。名は秀和(ひでかず)。変名は仙北十庵。
【格言など】わすれめやももに余れる年を経て仕へしよよの君が情を(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

小野寺十内

没年:元禄16.2.4(1703.3.20)
生年:寛永20(1643)
江戸中期,赤穂事件四十七士ひとり。名は秀和。変名は仙北十庵。役職は赤穂藩京都留守居役,150石,役料70石。原惣右衛門,吉田忠左衛門,堀部弥兵衛らと共に,一党の中の年輩者として,大石良雄を助けて元禄15年12月14日(1703.1.30)の「討入り」を成就させた。その際姉の子の大高源吾,源吾の弟で,養子とした小野寺幸右衛門や源吾の甥の岡野金右衛門ら血のつながる人々を率いて,十分な活動をした。妻の丹は,同藩士の灰方藤兵衛の妹。夫婦仲が良く,和歌を相互に手紙に書き送っている。丹は十内切腹ののちは,万事を整理して,断食して6月なかごろ死去した。<参考文献>松島榮一『忠臣蔵

(松島榮一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おのでらじゅうない【小野寺十内】

1643~1703) 赤穂浪士の一人。名は秀和。浅野家の京都留守居。経書を伊藤仁斎に学び、また和歌にすぐれた。江戸に出て医者仙北十庵と称す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小野寺十内の関連キーワード寺坂吉右衛門堀部安兵衛四十七士復讎四十七士菅谷半之丞杉野十平次近松勘六不破数右衛門前原伊助赤穂四十七士

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone