コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

少年保護 しょうねんほご

2件 の用語解説(少年保護の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

少年保護
しょうねんほご

非行少年に対する性格の矯正と環境の調整に関する国家的司法施策を総称する。少年法はその具体的方策として,家庭裁判所における少年審判の手続,家庭裁判所が決定する種々の保護処分,少年に対する刑事手続上の特例,刑の適用にあたっての特例などを規定している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

少年保護
しょうねんほご

非行少年に対しその要保護性に応じて特別の措置を講じ、少年の福祉・健全育成を図り、あわせて社会防衛に資することを期待するケースワーク的活動。予防保護と治療保護を区別しうる。現行少年法の保護手続は基本的にそのような過程であるとされ、保護処分もこの趣旨に沿って適用・運用される。少年法制を刑罰主義的または社会防衛的に構想する立場を排斥する見地から理念的に強調される傾向がある。[須々木主一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

少年保護の関連キーワード感化院矯正教育矯正保護虞犯少年少年法非行少年感化事業教護少年審判説諭

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

少年保護の関連情報