コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尚書古文疏証 しょうしょこぶんそしょうShangshu gu-wen shu-zheng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尚書古文疏証
しょうしょこぶんそしょう
Shangshu gu-wen shu-zheng

中国,経学に関する清初の学術書閻若璩撰。8巻。宋以降の学者によって疑問視されていた『古文尚書』(残存 58編の書中,秦の伏生によって漢代に伝えられた 33編の『今文尚書』に対し,その後の作為と考えられる 25編をいう)について厳密な考証を加え,それが魏晋時代の偽作であることを断定した著作。清初の康煕帝時代に完成。清代考証学の傑作とされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尚書古文疏証
しょうしょこぶんそしょう

中国、清(しん)の閻若(えんじゃくきょ)の著。全8巻。今日の『書経』(『十三経注疏(じゅうさんぎょうちゅうそ)』に収める『尚書正義』の「経(けい)」本文)58篇(へん)は、東晋(とうしん)の元帝のとき、梅(ばいさく)が「孔安国伝古文尚書」を得たとして献上したものであるが、そのうち古い伝来をもつ33篇以外の25篇、および漢の孔安国の伝(注)と称するものの、みな偽作であることを、閻若はこの著で128条(うち10条は文を欠く)の証拠をあげて論証した。当時、毛奇齢(もうきれい)など反論を書く人もいたが、恵棟(けいとう)は『古文尚書考』で偽古文の作者の典拠を句ごとに示すなど、かくて朱子(朱熹(しゅき))以来、疑う人も少なくはなかったのが、精密な実証を得て今日では動かぬ議論となっている。孫の学林が眷西堂(けんせいどう)で刊刻した本(1745)があり、また『皇清経解(こうせいけいかい)続編』に収める。[近藤光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

尚書古文疏証の関連キーワード孔安国書経

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android