コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閻若璩 えんじゃくきょ Yan Ruo-ju

5件 の用語解説(閻若璩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閻若璩
えんじゃくきょ
Yan Ruo-ju

[生]崇禎9 (1636)
[没]康煕43 (1704)
中国,清の経学者。字は百詩,号は潜邱。山西省太原の人。昔から神聖視されていた『古文尚書』を偽作と断じ,清代考証学の先駆となる。著書『尚書古文疏証』『孟子生卒年月日考』『四書釈地』『潜邱剳記』。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えん‐じゃくきょ【閻若璩】

[1636~1704]中国、代の古典学者。経史に詳しく、精密な考証にすぐれ、清代考証学の基礎をきずいた。著「尚書古文疏証(そしょう)」「四書釈地」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんじゃくきょ【閻若璩 Yán Ruò qú】

1636‐1704
中国,清代初の学者。字は百詩,号は潜邱。山西省太原の人。若いころから経学・史学を好んで名声をはせていたが,20歳のとき,《古文尚書》を読んで,その編数に疑いを抱き,ついに《尚書古文疏証》8巻を著して,《古文尚書》25編と孔安国の伝が後世の偽作だと推論した。長く神聖視されてきた経書を批判的対象とした点で,清代考証学の先駆となった。ほかに《四書釈地》などがある。【坂出 祥伸】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんじゃくきょ【閻若璩】

1636~1704) 中国、清代初期の考証学者。字あざなは百詩、号は潜邱せんきゆう。「古文尚書疏証そしよう」を著し、「古文尚書」が後世の偽作であることを論証。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閻若
えんじゃくきょ
(1636―1704)

中国、清(しん)初の学者。字(あざな)は百詩、号は潛邱(せんきゅう)。山西(さんせい)省太原(たいげん)県の人。江蘇(こうそ)省淮安(わいあん)府に住んだ。16歳で県学に入り、経学・史学にいそしみ、「一物も知らずんば以(もっ)て深き恥と為(な)し、人に遭(あ)いて問うに寧日(ねいじつ)有る少(な)し」を座右銘とした。20歳で『尚書(書経)』を読んでから30余年の努力を積み、古文25篇(へん)と孔安国(こうあんこく)の伝が偽作であることを論証した『尚書古文疏証(そしょう)』(1745)は、古典を初めて科学的な研究対象とする道を開き、後の清朝考証学を導くものとなった。地理学にも詳しく、徐乾学(じょけんがく)(1631―1694)の『大清一統志(だいしんいっとうし)』編纂(へんさん)に加わり、『四書釈地』の著がある。『潛邱箚記(さっき)』は平生の読書論学の集録である。晩年、康煕(こうき)帝の第4皇子に召されて知遇を受け、康煕43年6月8日、北京(ぺキン)で卒(しゅっ)した。[近藤光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の閻若璩の言及

【考証学】より

…(1)古典のテキストについて綿密な考証が行われ,その真偽が鑑別されたこと。閻若璩(えんじやくきよ)の《尚書古文疏証》は,《尚書》のうち東晋におくれて出た古文についてその偽作なることを証明したものである。これは神聖なる経典を,研究の対象とし,かつこれを懐疑したものであって,一種の思想解放としての意味をもった。…

【書経】より

…現存の《書経》である。しかし宋の朱熹(子)いらい疑惑がもたれ,ついに清の閻若璩(えんじやくきよ)《古文尚書疏証》と恵棟の《古文尚書考》によって,〈大禹謨〉などの25編は魏・晋のころの偽作であることが論破された。孔安国の伝も偽作ときめつけられ,〈偽孔伝〉と呼ばれるが,《書経》につけられた数多くの注釈のなかでは第一級の価値をもつものであり,朱熹の弟子の蔡沈が作った注釈《書集伝》が新注といわれるのに対して,古注と呼ばれる。…

※「閻若璩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

閻若璩の関連キーワード戴王綸張澹陳元輔文点唐熊王鑑陳澧李顒陸隴其何焯

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone