尻焼烏賊(読み)シリヤケイカ

大辞林 第三版の解説

しりやけいか【尻焼烏賊】

イカの一種。胴長18センチメートルほどで、両縁に狭いひれがある。胴の後端に腺があり赤褐色の液を分泌するのでこの名がある。長楕円形の甲のついたまま干して「甲付きするめ」にする。本州中部以南に分布。シリクサリ。スミイカ。マイカ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

尻焼烏賊 (シリヤケイカ)

学名:Sepiella japonica
動物。コウイカ科のイカ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android