尻焼烏賊(読み)シリヤケイカ

大辞林 第三版の解説

しりやけいか【尻焼烏賊】

イカの一種。胴長18センチメートルほどで、両縁に狭いひれがある。胴の後端に腺があり赤褐色の液を分泌するのでこの名がある。長楕円形の甲のついたまま干して「甲付きするめ」にする。本州中部以南に分布。シリクサリ。スミイカ。マイカ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しりやけ‐いか【尻焼烏賊】

〘名〙 コウイカ科のイカ。太平洋側では房総半島、日本海側では富山湾以南の沿岸に分布する。胴はほぼ楕円形で、外套の長さ約一八センチメートル。腕は胴長の約半分。コウイカに似るが甲羅の後端に刺状突起がない。胴の後端にある小開口から赤褐色の液を分泌するのでこの名がある。ひれは胴の全長にわたってつき、基部に白い線がある。雄には褐色の地に白点があるのでホシイカとも呼ばれる。味はコウイカより劣る。刺身のほか、甲羅を付けたまま乾燥して、甲付きするめをつくる。まいか。はりなしこういか。すみいか。《・春》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android