コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾太鉱山 おっぷこうざん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾太鉱山
おっぷこうざん

青森県南西部、中津軽(なかつがる)郡西目屋(にしめや)村にあった鉱山。白神(しらかみ)山地の尾太岳北麓(ほくろく)、湯ノ沢川の流域に鉱床がある。807年(大同2)の発見といい、津軽藩政期には藩営などで銅、銀、鉛などを採掘したが、明治以降は稼行、休山を繰り返した。1952年(昭和27)からは近代設備により銅、鉛、亜鉛、硫化鉄を産出し、最盛時には従業員約350人を数えたが、オイル・ショックなどの影響で1978年閉山した。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の尾太鉱山の言及

【西目屋[村]】より

…薪炭の供給地でもあったが,現在は稲作とリンゴ栽培が中心。尾太(おつぷ)鉱山は明和年間(1764‐72)に最盛期を迎えたが,明治以降は休山を繰り返した。第2次大戦後再開発され,銅,亜鉛,鉛などの鉱山として活況を呈したが,1978年閉山した。…

※「尾太鉱山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone