コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尿管瘤 にょうかんりゅう Ureterocele

1件 の用語解説(尿管瘤の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

にょうかんりゅう【尿管瘤 Ureterocele】

[どんな病気か]
 尿管下端の膀胱(ぼうこう)につながった部分が、膀胱内で瘤状(こぶじょう)(袋状)に膨らむ病気です。尿管の開口部が狭いためにおこると考えられています。
 瘤の中に尿がたまり、さらに上方の尿管も膨らんで、水尿管(すいにょうかん)、水腎症(すいじんしょう)(「水腎症」)になることもあります。
 女児に多く、重複腎盂尿管(じゅうふくじんうにょうかん)(腎臓(じんぞう)内に腎盂が2つあって、それぞれから尿管が出ている形態異常)の上方からの尿管に、尿管瘤が現われることがあります。
[症状]
 小さな尿管瘤では無症状のことが多いのですが、尿の流れが悪いため、尿路感染や結石が生じると、排尿痛、血尿などの膀胱炎症状、発熱、腰痛(ようつう)などの腎盂腎炎の症状が現われます。尿管瘤が大きくなると、排尿障害がおこることもあります。
 ある程度の大きさの尿管瘤は、静脈性腎盂造影(じょうみゃくせいじんうぞうえい)で膀胱内に異常陰影がみられます。尿の通過障害がともなえば水尿管、水腎症がみられます。静脈性腎盂造影のほか、膀胱鏡で確認します。
[治療]
 小さな尿管瘤は、麻酔下で尿道から内視鏡を入れ、切除します。この場合、手術後に膀胱尿管逆流(「膀胱尿管逆流」)がおこりやすくなるので、腹部を切開して瘤を切除し、その後に形成術を行なうこともあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

尿管瘤の関連キーワード水腎症膀胱膀胱鏡下端管下何心地不死身簿

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone