屈まる(読み)カガマル

デジタル大辞泉の解説

かがま・る【屈まる】

[動ラ五(四)]
背・腰などが折れ曲がった状態になる。また、そのような姿勢をとる。「腰が―・る」
寒さでかじかむ。また、ひび・あかぎれになる。
「寒気甚だしくして兵皆指を墜し、―・る」〈太平記・二五〉

くぐま・る【屈まる】

[動ラ五(四)]からだをまるめて小さくする。萎縮(いしゅく)する。かがまる。
「貫一はいと苦しく心―・りつつ」〈紅葉金色夜叉

こごま・る【屈まる】

[動ラ五(四)]からだを折りたたむようにして、低い姿勢をとる。かがまる。「―・ってたき火にあたる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かがまる【屈まる】

( 動五[四] )
かがむ。また腰などが曲がる。 「腰が-・った老人」
体の一部が折れ曲がって伸びなくなる。 「四支-・りながら、仰のけざまに仆れて/霊異記 下訓注

くぐまる【屈まる】

( 動五[四] )
腰をかがめ、手足をちぢめて丸くなっている。かがまる。 「貫一はいと苦くるしく心-・り/金色夜叉 紅葉」 「恐ろしながら広庇に-・り居たるに/太平記 27

こごまる【屈まる】

( 動五[四] )
背を丸めてしゃがむ。かがまる。 「洋灯ランプの下にぽつねんと-・つて/小鳥の巣 三重吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android