コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山の辺の道 やまのべのみち

2件 の用語解説(山の辺の道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山の辺の道
やまのべのみち

奈良県,奈良盆地の東側,大和高原西麓に沿って奈良市から南へ桜井市金屋にいたる道。日本最古の自然道の1つと伝えられる。古代は飛鳥から平城京へ,中世は長谷・伊勢参りの交通路として利用されたが,時代とともに廃絶し,現在は天理市の石上 (いそのかみ) 神宮から金屋の間でわずかに古道の跡がたどれるのみである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

やまのべのみち【山の辺の道】

奈良の日本酒。蔵元は「角谷酒造」。所在地は天理市二階堂上ノ庄町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山の辺の道の関連キーワード奈良県大和高田市池田奈良県大和高田市出奈良県大和高田市今里奈良県大和高田市大谷奈良県大和高田市奥田奈良県大和高田市曽大根奈良県大和高田市田井奈良県大和高田市築山奈良県大和高田市根成柿奈良県大和高田市野口

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山の辺の道の関連情報