コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山の辺の道 やまのべのみち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山の辺の道
やまのべのみち

奈良県,奈良盆地の東側,大和高原西麓に沿って奈良市から南へ桜井市金屋にいたる道。日本最古の自然道の1つと伝えられる。古代は飛鳥から平城京へ,中世は長谷・伊勢参り交通路として利用されたが,時代とともに廃絶し,現在は天理市の石上 (いそのかみ) 神宮から金屋の間でわずかに古道の跡がたどれるのみである。沿道には石上神宮,長岳寺,崇神天皇陵,櫛山古墳,景行天皇陵,玄賓庵,大神 (おおみわ) 神社など陵墓,古社寺が多く,万葉時代の古地名が残っている。現在,大和高原西麓に東海自然歩道が通じ,石上神宮から金屋までの遊歩道が「山の辺の道」と称されてハイキングコースになっている。一帯は 1970年大和青垣国定公園に指定。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

やまのべのみち【山の辺の道】

奈良の日本酒。蔵元は「角谷酒造」。所在地は天理市二階堂上ノ庄町。

出典|講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

山の辺の道の関連キーワード崇神天皇陵景行天皇陵櫛山古墳山辺の道石上神宮山の辺

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山の辺の道の関連情報