コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山中氏 やまなかうじ

世界大百科事典 第2版の解説

やまなかうじ【山中氏】

近江国甲賀郡山中(現,滋賀県甲賀郡土山(つちやま)町)出身の中世武家。甲賀21家の一つ。橘諸兄(もろえ)の後裔といい,義清の代に山中氏を名のる。1216年(建保4)俊直が俊信に山中村地頭職と柏木御厨の上山村友行名を譲っているが,平安・鎌倉期の動向には不明な点が多い。ただし67年(文永4)俊信跡の大番役を有俊が務めているところからみて,御家人であったことは確かなようである。南北朝内乱期に道俊,頼俊が活躍し,多くの所領・所職を獲得する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の山中氏の言及

【柏木御厨】より

…その間に伊勢神宮は祭主保も設けたので,現地の荘官としては惣郷の検断職,各郷の下司職,祭主保の保司職があった。検断職と保司職は山中氏が世襲し,下司職や名主職は山中氏と伴氏が分有したようである。山中氏は惣領家が鈴鹿関付近から柏木本郷の宇田に移住し,野洲川沿岸の本郷・酒人郷一帯に勢力を築いた。…

※「山中氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山中氏の関連キーワード三つどもえの松阪市長選伊賀惣国一揆iPS細胞山中長俊山中幸盛鈴鹿峠

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山中氏の関連情報